ホーム > ピックアップコンテンツ > バックナンバー > 2011年のピックアップコンテンツ > イベント > 海底トンネル「那覇うみそらトンネル」

<< お知らせ >>


自治体共同利用型ポータルサイト「Okinavita(オキナヴィータ)」は、平成27年6月30日時点の内容をもちましてサイトの更新を停止いたしました。
※粗大ごみWEB受付及びムービーは引き続きご利用いただけます。

これまで掲載させていただいた内容の一部は7月1日以降も引き続きご覧いただけますが、情報の更新はございませんのであしからずご了承ください。

那覇西道路・海底トンネル「那覇うみそらトンネル」

2011/11/10更新

那覇西道路・海底トンネル「那覇うみそらトンネル」
那覇空港と那覇市の若狭を結ぶ、沖縄県初の海底トンネル「那覇うみそらトンネル」が、2011年8月28日に全線開通しました。 開通してから3か月、那覇うみそらトンネルの今をご紹介します。

沖縄県内初の那覇うみそらトンネルを走った(那覇空港→若狭地区)

Okinavitaスタッフも、那覇空港から若狭地区方面へのルートを走行してみました。トンネルに入る交差点から出口まで、約2分足らずのドライブでした。
途中、トンネルをぬけて海の上を走るのですが、天気の良い日は海風がとても気持ち良いです。
那覇空港と那覇港一帯を直結し、利用者の利便性は格段に向上したのではないでしょうか。
左の動画に注目です。動画の中にいますOkinavitaスタッフ「シモジー」が、身体を張ってトンネルの様子を案内しています。是非ご覧ください。

「那覇うみそらトンネル」名前の由来は?!

海底トンネルの名称は、県民の皆様からの募集で決まりました。
地域名「那覇」と空港を結ぶという理由から、『那覇うみそらトンネル』と名称したそうです。(引用元:南部国道事務所)

うみそらトンネルの効果!

国道58号線 那覇うみそらトンネルは、那覇空港→若狭地区を海底トンネルでつないだ、全長約2.5キロ(全長1140メートル、沈埋部724メートルを含む)のトンネルです。
沖縄西海岸道路(那覇西道路)といって読谷村から糸満市まで、恩納海岸や糸満工業団地、那覇空港などをつなぎ、物や人の流れを良くする目的で作られました。 トンネルが開通すると渋滞が緩和され、港や空港で扱っている貨物の流れがスムーズになり、なにより那覇空港や那覇港への道がより早くて便利になりました。
開通から3か月、利用者によると「出入り口以外に信号がないのでスムーズ」「那覇空港から那覇港新港地区までの移動時間が、27分から12分ほど短縮された」 「国道58号線の渋滞が大幅に緩和された」との嬉しい声も耳にします。
「渋滞を避けて、那覇市街地に行きたい!」「那覇市から短時間で中北部に行きたい!」そんな観光客にもオススメです。

うみそらトンネル地図


より大きな地図で 那覇うみそらトンネル を表示

那覇うみそらトンネルの通行時の注意

那覇うみそらトンネルは、 自動車専用道路 です。
自動車専用道路では、高速自動車国道法等により、指定の自動車以外の通行が禁止されています。(引用元:沖縄県警察)
詳しくは、 沖縄県警察ホームページ をご確認ください。

フォトギャラリー

このページのトップへ