ホーム > くらしの情報 > お悔み > 葬儀の豆知識[喪主(遺族)編]

葬儀の豆知識[喪主(遺族)編]

葬儀の豆知識[喪主(遺族)編]

知ってるようで知らない喪主(遺族)の葬儀・葬式の豆知識!
葬儀の豆知識「喪主(遺族)編」では、葬儀・葬式当事者(喪主)の方にご危篤前から葬儀後までの流れや大まかな概要を紹介します。

< 葬儀の豆知識[喪主(遺族)編] をご覧になるうえで必ずお読みください >

※葬式・葬式(葬儀・告別式・通夜)など、地域による慣習、葬儀・葬式の種類、 個人の考え方によってマナーや礼儀が異なる場合がありますので、あくまでも参考程度にご活用ください。
※日本でもっとも一般的に行われている葬儀(仏式葬儀)の流れを紹介しています。

 

 

 

1.ご危篤前からご逝去まで

【1.ご危篤前の心構え】
葬儀の手配を考えるとしたら、危篤になる前か『最期のとき』を迎えたあとになります。
大事な準備としては、危篤の一報を受けた際慌てない為に、立会いしてほしい方々の連絡先をリスト化しておいたほうが良いでしょう。

【2.ご危篤になったら】
まず冷静になることが大事です。
危篤を知らせないほうがいい場合(高齢で病気療養中の方や産前産後の方など)もありますので、しっかりと状況を確認し、立会いしてほしい方々に連絡をしましょう。

【3.ご逝去】
病院であれば、死亡確認→ご遺体の処置→霊安室という流れが基本のようです。
ご遺体の処置は、看護師さんによる着替え・お化粧などですが、病院によって対応が違います。
最後に病室の整理をし、お世話になった看護婦さん・お医者さん方への挨拶をしましょう。

【4.霊安室へ】 霊安室へは、葬儀社(係りの方または世話役)が行います。
葬儀社が事前に決まっている場合は、その旨を霊安室まで付き添った係りの方に伝えましょう。
まだ葬儀社が決まっていない場合は、その旨を霊安室まで付き添った係りの方に相談してください。
葬儀の進行や手配はプロの葬儀社にお任せしましょう。

2.ご逝去後病院から帰宅まで

葬儀社に寝台車を手配していただき帰宅します。自宅に帰れない事情の際は、斎場などの遺体安置所に送ってもらいましょう。
菩提寺がある場合は、葬儀社に連絡すると同時に菩提寺にも連絡してください。
連絡する際は、先にお寺のご都合をお聞きするのがマナーです。

3.ご帰宅してから

自宅で準備される方は、以下の事をご参考にしてください。
■ 北枕になるよう寝具をととのえておきます。
■ ご遺体をご安置するお部屋の室温を調節しておきます。
■ まだ故人の体温を確認していない方は、ここで確認してください。
■ お線香をあげる準備をします。

4.葬儀の詳細打ち合わせ

葬儀の詳細は、裏方である進行役の葬儀社にお任せすることがほとんどですが、主に祭壇、棺、遺影写真(額縁)、料理、返礼品などのお見積もりから当日のタイムスケジュールまで、打ち合わせをして決めていきます。
自宅で準備される方は、以下の事をご参考にしてください。
■ 葬儀のお見積り (事前に葬儀の見積り準備ができている方は、お見積りの確認をしてください)
■ 通夜・葬儀の日時
■ 斎場の場所を決める(現在は、葬儀社の会場を使うことが多いようです)
※葬儀社との葬儀費用や葬儀段取りの打合せについては、喪主ではなく息子や娘、又は親族の方にお願いしてもよいでしょう。

このページのトップへ

5.お通夜・葬儀の当日

お通夜・葬儀のスケジュールの大きい流れは、以下の事をご参考にしてください。
■ お通夜当日:納棺→斎場到着(通常お通夜1時間前くらい)→お通夜→お通夜ぶるまい→終了
■ 葬儀・告別式当日:斎場到着(通常葬儀1時間前くらい)→葬儀・告別式→火葬→お骨上げ→精進料理→ご自宅

6.喪主(遺族)のあいさつ

喪主(遺族)のあいさつは、最初に「会葬のお礼→故人が生前お世話になったお礼→今後のお願いごと→最後の締めの挨拶」といった流れが基本です。
他にもお通夜の時、僧侶が到着、通夜ぶるまい、精進落としの席など、その場その場のあいさつもあります。
慌てないよう、前もってスケジュールを確認しておくと良いでしょう。

7.葬儀後について

仏壇、お墓、様々な葬儀後の事務手続きが待っています。
手続きは、大きく分けて3つあります。
■ お香典の整理
■ 葬儀後にかかりそうな出費の確認(仏壇・位牌、お墓など)
■ 葬儀後の事務手続(死亡届、相続税、葬祭費など)

8.気をつけておくこと

■ 喪主が葬儀・告別式でダークスーツを着る場合は、遺族や親戚などがモーニングコートを着ることは控えましょう。

 

お悔み情報

このページのトップへ