ホーム > ピックアップコンテンツ > 特集記事 > 離島の暮らし > 離島の暮らし

<< お知らせ >>


自治体共同利用型ポータルサイト「Okinavita(オキナヴィータ)」は、平成27年6月30日時点の内容をもちましてサイトの更新を停止いたしました。
※粗大ごみWEB受付及びムービーは引き続きご利用いただけます。

これまで掲載させていただいた内容の一部は7月1日以降も引き続きご覧いただけますが、情報の更新はございませんのであしからずご了承ください。

離島の暮らし

離島の暮らし

離島の暮らしとはどんなだろう?観光とはまた違う目線でほんのすこし覗いてきた離島の様子をご紹介します。

渡嘉敷村

渡嘉敷村:鯨とまぐろと長閑な山間の暮らし


天気のよい日には那覇から慶良間諸島が見えます。その一番手前に見えるのが渡嘉敷島。2014年に国立公園に指定される見込の慶良間諸島の東側にあり、昔は前慶良間とも呼ばれていました。

続きを読む

座間味村

座間味村:ダイナミックさと繊細さをもつケラマブルーを臨む暮らし


日本で確認される造礁サンゴのうち約6割が生息し、冬にはザトウクジラが繁殖と子育てのために訪れる。慶良間諸島は2014年に国立公園に指定される見込で、新たに指定される国立公園としては27年ぶりとのこと。

続きを読む

粟国島

粟国村:波の音、風の音、鳥のさえずりがBGMの暮らし


粟国村。那覇市の北西約60kmに位置する周囲およそ12kmの一島一村の島。2013年9月時点の人口は758人。

続きを読む

このページのトップへ